会社紹介

1、会社名   株式会社 三洋ラフト

2、所在地   〒238−0024 神奈川県横須賀市大矢部2丁目5番9号
        TEL:046−836−8525
        FAX:046−835−4462
        メール:sanyo.raft@iaa.itkeeper.ne.jp

3、資本金   10,000 千円

4、役員氏名  代表取締役 社長 松岡隆夫

 ,         取締役     山本礼子

5、創立年月  昭和47年9月2日

6、主な取引先(敬称略 順不同)
       国土交通省    東京湾フェリー   穂高無線
       防衛省      RFDジャパン     山本電気
       東京海洋大学   石黒造船      日本ライトサービス
       新潟造船    双信商事      マリンシップ
       京浜ドック   三洋商事      
       逗子マリーナ   シーボニア      マリンスポーツ財団
       葉山マリーナ   住吉漁業      三崎マリン
       佐島マリーナ   事代漁業      神奈川県      他

7、取引金融機関
       三浦藤沢信用金庫粟田支店 横浜銀行関内支店 みずほ銀行横浜支店

8、主な仕入れ先(敬称略 順不同)
      ニチモウ 三洋商事 RFDジャパン  他

 

9、会社の沿革
 昭和47年 9月 2日  それまで富士舶用機が営業していた船舶用膨張式救命いかだ
              の整備、点検部門を切り離し三洋商事と共同経営するため

              三洋商事ラフトサービス・ステーションが設立された。
 昭和50年 1月15日  船舶遭難信号自動発信機の整備業務を開始する。
 昭和51年 6月15日  日本で初めての運輸省認定膨張式救命いかだ整備事業場になる。
              (認定番号 第002号)
 昭和51年10月 4日  船舶遭難信号自動発信機に関し運輸局艇号証明サービス・ステーションになる
 昭和58年10月10日  カーフェリー搭載救命いかだ用の降下式乗り込み装置(以下
              シューターと記す)の整備業務を開始。それに伴い作業場、
              事務所を拡大し救命いかだ10台、シューター2台を同時に
              整備できる体制とした。
 昭和63年 6月15日  全国船舶無線工事協会会員取得、電気通信管理局関係業務の認定事業場となる
 平成 2年 1月26日  東洋ゴム工業製シューターの運輸局適合サービス・ステーションとなる。
 平成 4年 6月15日  大型膨張式救命いかだ(東洋ゴム工業製50人乗り)整備
              の運輸省認定事業場となる。
 平成 4年12月16日  GMDSS設備整備の運輸局適合サービス・ステーションとなる。
 平成 5年 1月11日  大型膨張式救命いかだ(住友電工製50人乗り)の整備の
              運輸省認定事業場となる。
 平成 7年11月25日  資本金を1,000万円に増資する。
 平成 7年12月 1日  会社名を「株式会社 三洋ラフト」に変更する。
 平成10年 9月 1日  フランス国のゴムボートメーカー「ゾディアック社」の整備
              資格認定を取得する。
 平成11年 7月10日  フランス国救命いかだメーカー「プラスチモ社」の整備資格
              認定を取得する。
 平成11年10月 1日  ゴムボートメーカー「ジョイクラフト社」の整備資格認定を
              取得する。
 平成13年10月 1日  本社住所を神奈川県横浜市中区不老長2丁目11番5号から
              工場所在地である神奈川県横須賀市大矢部2丁目5番9号に
              に変更し現在に至る。

 

サンプルバナー


サンプルバナー


 神奈川県横須賀市大矢部

 2丁目5−9
 TEL:046-836-8525
 FAX:046-835-4462

sanyo.raft@iaa.itkeeper.ne.jp